ピエダングロワはチーズ初心者におすすめ

昨日、そして今週末と主人が仕事面で頑張っているので、私も食事面で応援しようと、今日は奮発して、おうちで焼き肉*

ワインは、今年のゴールデンウィークの旅先だったブルゴーニュ地方で購入した、ドメーヌ・アンリ・モンタニーのヴォルネイです。

最初にあけたのは、ヴォルネイ 2011年。

楽しみに開けたのですが・・・ん?・・・まさかの。。。。

・・・気持を切り替えて、今度はヴォルネイ1999年。

20160821c

こちらは、ブルゴーニュで堪能した、アンリ・モンタニーのイメージとぴったり。

コート・ド・ボーヌの中でも、特に優雅で華やかで、「女性的なワイン」と称されるヴォルネイ。
艶やかで、とても美しい熟成を堪能できるワインでした。

二人でボトル1本、アッという間に完飲。
ごちそうさまでした*

* * *

今までほとんど食べたチーズを記録しておらず、知識としての不十分さを感じていたので、これからはなるべく自分の食べたチーズを記録していこうと思います。

cheese0821

右から時計回りに

■ピエダングロワ(LE PIE dANGLOYS)
見た目は白カビチーズと見間違えるほど白くて、強烈なにおいがない、上品で深みのあるまろやかな味わいのウオッシュチーズ。14世紀ごろからブルゴーニュ地方の修道院で作られ始められたと言われます。

ピエダングロワは 一度塩水で洗ったあと、真水で洗い、その後熟成させるため 表皮はクリーム色でべとつき感が無く、ウオッシュ独特の強烈な香りをほとんど感じさせません。また62%もの高脂肪であることから、白カビチーズのようなクリーミーで濃厚な味わいがあります。

ちょうど白カビチーズとウオッシュチーズの中間にあるような上品なチーズ。濃厚なチーズが苦手な主人も「これはおいしい!」と言って食べていました*
今回は赤ワインと合わせましたが、すっきりとした辛口の白ワインにも合わせてみたいかも。

よく知らず、たまたま選んだチーズが、飲んでいたワインと同じ故郷(ブルゴーニュ産)と知って、なんだかとっても嬉しかったです*

■パルミジャーノ・レッジャーノ
■コンテ(12カ月熟成)

残りふたつは、日本でもおなじみのチーズ。

すっかり良い気分になりながら、夫婦のまったり時間を過ごすことができました♪

・・・お知らせ・・・
【募集中】発酵食初心者のための1日完結”腸”美食セミナー
2016年9月3日京都二条で開催します
【詳しくはコチラ】

* * *

*今日一押しのピエダングロワ。
チーズ初心者の方や、濃厚なチーズが苦手な方にぜひ試していただきたいです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ピエダングロワ 200g LE PIE dANGLOYS フランス産 チーズ
価格:1684円(税込、送料別) (2016/8/23時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ウォッシュ初心者におすすめ【ピエダングロワ(200g)】フランス産
価格:1620円(税込、送料別) (2016/8/23時点)

関連記事

  1. 地方在住を、「強み」にする
  2. 2016年1月レッスンの様子
  3. パパコレクション・ワイン会 at 皇家龍鳳
  4. 草津での第1回目のお料理教室*
  5. リベラル・アーツという言葉
  6. 生徒さまからの嬉しすぎるプレゼント
  7. 【大切なお知らせ】2017年1月から会員制サロンになります。
  8. 人を巻き込む”変態力”を持つ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

150人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP