久しぶりに夫婦で両親と再会

今月は休みの都合がついたので、主人と一緒に、私の両親のもとへ。

帰るたびに、家のワインセラーのストックをまとめた、手書きのワインリストをパラパラとめくって、今日飲むワインを物色する父。今まで、晩酌に付き合ってあげられるのが私ひとりしかいなかったけれど、お酒好きな「新しい息子」が出来たことをとても喜んでいるようす。

先日のブルゴーニュワイン会で、フレデリック・マニャンを飲んだという話をしたら、それならば、とミシェル・マニャンを開けてくれました*

ワインを開けるときには、いつも買った時のエピソードを教えてくれて、その話を聞くたびに父が、所有するワインひとつひとつに愛着があって、思い入れを持って保管していることが伝わってくる。

セラーに綺麗に整理整頓されたワインを見ると、この子達は父に買ってもらえてよかったねぇと思えてしまうし、私もそういう集め方をしたいなあ、と感じる、、けれど、今はまだまだ(^_^;)

14522731_1236398943099564_6642174005641771419_n

ブランデーやコニャックは、まだちょっとよくわかりません(笑)

幾つになっても、親に甘えっぱなしだなあと自覚はある。
迷惑をかけたくないなあと思っていても、お酒を嗜みながら、絶え間なくニコニコ喋り続ける父の姿を見ると、迷惑がっているようにはみえないので、結局また甘えてしまう。笑

世界一美味しいと思える母お手製の「鯛の昆布締め」も久しぶりに堪能。
楽しく美味しい余韻を残しながら、たっぷりリフレッシュしてきました*

関連記事

  1. 第1回着物deお料理教室 レポート①
  2. 陶芸家 長田大(ながた だい)先生との初コラボ作品
  3. 『アクセル全開』の次は・・・
  4. 身近な人を幸せにする料理を作る。—そもそも、「幸せ」とは?
  5. 2016年2月のメニュー
  6. 2016年スイス・アルザス・ブルゴーニュ旅行記録(7)
  7. お部屋の模様替え
  8. 2016年11月レッスンはじまっています*

最近の記事

PAGE TOP