「強運になるには、覚悟があればいい」

私には人生に迷ったとき、生きる道標となってくれる「メンター」(指導者、助言者)がいる。
それは親だったり、主人だったり、親友だったり…

それとメンターと言っていいのかわからないけれど、尊敬している著名人の一人が、前田義子さん。

前田義子さんと聞いてピンとこない方も、ファッションブランド「FOXEY」の社長兼オーナーデザイナー、と聞けばピンとくる女性は少なくない、はず?

前田さんの著書で、とくにこの「強運に生きるワザ」は、私が4年前、とても大きな決断をしなければならないときに何度も何度も読んでいた、特別な思い入れのある本。

この本には「強運」という言葉がタイトルに使われているが、決して神様やスピリチュアル的なことが書かれているわけではない。(ついでに言えば、「ワザ」というのも、いわゆるテクニックや技法的なものとは異なる。)
この本には、前田さんがFOXEYの社長として、そしてひとりの女性として、生きる上で大切にしている人生哲学がまとめられている。

私はこの本にまとめられた彼女の考えが、とても好き。

前田さんの人生哲学というのは、一言でいうと、
「覚悟を持って生きる」というもの。

それが強運につながっている、と断言し、それが本書でもいたるところに語られている。

強運になるには覚悟があればいい。
与えられた条件下でベストを尽くす。

4年前、「これから先、自分がどういう道を歩んでいくべきなのか」ということを、日々考えていた当時の私にとって、読みやすい口語で書かれたこのエッセイ本にはずいぶんと励まされ、そしていまだに、何か悩んだり迷ったりしていることがあると、この本を再び読んでいる。

ちなみに前田さんのブランド「FOXEY」(フォクシー)の由来は、アメリカ西部の学生のスラングで
「インテリジェンス+センス」という意味。(”きつね”のようだけれど、関係ない)
コンセプトの中には、「知性・ 品位・清潔感」という私の好きな言葉が含まれている。
海外の厳しいビジネスの場で女性が生き残る上で、”洗練された第一印象”がどれほど大事なものかを知り、そこから得たもの全てをフォクシーの服作りに繋げているのだそう。

浅田真央ちゃんが現役復帰会見のときに着ていた、品のあるベージュのワンピースも、FOXEY。
あの会見でFOXEYを選んだ真央ちゃんにも、現役復帰に対する強い「覚悟」を感じた。

普段、花柄のワンピースを好んでいるわたしも、一着だけ、モノトーンのFOXEYのワンピースを持っている。
それは、普段着には決して選ばない、私にとって「覚悟」を決めるときの勝負服。

この週末、立て続けに自分にとっての「メンター」に会うことができて、色々と思うことがあったので、備忘録として、そして自分に言い聞かせる目的で、記録しておきました。
たまに?真面目なことが残しておきたくなるようです。笑

秋の夜長は、寝るのがなんだかもったいないな。

関連記事

  1. ハンガリーからのお客様
  2. 「素敵サロネーゼのためのマナー講座」に参加してきました
  3. 特別な才能を持たずに「100万人に1人」になる方法
  4. 自己研鑽ウィーク
  5. 母と娘の洋食器談義
  6. パパコレクション・ワイン会 at 皇家龍鳳
  7. 鉢植え風マフィン*
  8. 魅惑の洋食器の世界へようこそ(笑)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

150人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP