1日集中の洋食器講座

先日は10時から17時まで、初級講座×1、中級講座×2講座の 1日通して合計3つの洋食器講座
(途中1時間のお昼休憩をはさんでいます)

こんなに食器の話をしても良い日が訪れるだなんて、まさに夢のような一日。。。
そして、これほど長時間にわたって喋るのは、塾講師として勤めていた時以来。久しぶりにエネルギーを使いすぎてしまい、次の日は ほとんどベッドから出ることができませんでした(^^;)
どうしてもこの講座には気合いが入ってしまうため、来月も集中講座の翌日は休日に設定しておきました。笑

私の体力のことはさておき、とくにマイセンの歴史編では、「なんでこんな人間ドラマがあるのに、映画化されないの?」と思えるような、興味深いストーリーが盛りだくさんなので、私も思わず感情移入して トークに力が入ります。

マイセンが誕生しなければ、いま手元にある全ての洋食器も誕生しなかったのかも、と思うと、やはりマイセンへの思い入れは格別なもの。来月は、国は違えど、やはりマイセンの影響を受けた窯のひとつ、リチャード・ジノリの歴史を掘り下げてご紹介予定*
今から文献を読み直したり、ワクワクが止まりません。(*^^*)

最後に、今月参加くださったご新規様の感想です*
皆さま、有難うございました♪

関連記事

  1. 西洋磁器に魅せられて……
  2. 生い立ちを知ること
  3. 母と娘の洋食器談義
  4. 好きな気持ちが”引き寄せ”を促す
  5. 歴史上の人物と洋食器の関係(1) エリザベートとヘレンド
  6. 着付けのお稽古と、憧れの「フォーシーズン」
  7. ヘレンドのマスターペインターさんが来日中*
  8. ウェッジウッドの「リー」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

156人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP