『紹介制のお料理教室』であること。

「紹介制」の料理教室をはじめて1年ちょっとですが、この1年で度々見かける光景があります。
それは、お一人様で参加してくださったご新規の方が、レッスン会場となる私の自宅リビングに入室した瞬間、「えー!?」「きゃー!」という歓声をあげること。
今日はそれが顕著だったので、思わず記録(笑)

ご紹介者さまがいるとはいえ、当日はお一人で見知らぬ家の扉を開けないといけません。
それは、意外と?勇気がいること。
私も経験があるので その時の気持ちはお察しいたします。

しかし私の料理教室では、入室していただいたときに、「顔見知りの方が参加している!」ということが、ほんとうに、、、ほんとーによくあるのです。

その理由は単純。
参加者さまが、共通して別のサロンに通われていて、そのサロンの先生が、私の料理教室のことをご自身のレッスン時に紹介してくださっているからなのです。。。

私にとって、同業の大先輩の方々が、私のことを生徒さまに紹介してくださることほど、光栄なことはありません。
(その先生が、関西ではあまりに有名な方なので、時々 わたしのレッスン参加者全員が、先生のサロンの生徒様の日、ということもあります(笑))

紹介制の料理教室をしていてよかった、と思えるのは、紹介者さまと私自身が、大前提に、ある程度の信頼関係が成立しているので、わたし自身も安心してご新規の方を受け入れることができること。そして、そういうフィルターを通してご参加いただく方々ばかりなので、私の料理教室に参加してくださる方々も、何かしら共通点を持つ方が多いこと。
(ちなみに詳しくは書きませんが、今日は別次元での共通点で、レッスン開始前からだいぶ盛り上がりました!笑笑)

同業の尊敬する先輩方からは、本当にたくさんの生徒さまをご紹介いただいていて、学ぶことも多い中で、感謝の気持ちしかありません。。。
正直、どこの協会にも属さない私の料理教室を 同業の方がご紹介してくださっても、メリットは何もないと思います。
いただいてばかりなのは私の性分に全く合わないので(笑)、私ももっと活動の場を広げていき、今こうやって集客のご協力をいただいている先輩方に、何かしらの恩返しがしたいなぁと思います!したい、というか、しますので、そのためにも まだまだ邁進していきたいです。

日々是精進。
今日もお仕事を通して、新しい刺激と、楽しい空気を堪能できて、心地よい疲労感。(*^^*)

夢中になりすぎる性格は、多分 治ることはないでしょう。
ちょっと今月はお仕事入れすぎて、昨日は床で倒れるようにして朝を迎えてしまっていたので、ストッパー役の旦那さんからも指摘が。(-_-;)
今日こそは ちゃんとベッドで寝よう。。。笑

関連記事

  1. 身近な人を幸せにする料理を作る。—そもそも、「幸せ」とは?
  2. ご先祖様が教えてくれたこと。
  3. 毎回ぎりぎり!
  4. 着物で個展へ
  5. 11月の振り返り
  6. 【ご新規様OK】2018年1月&2月のレッスン日程
  7. 脳科学者目線での、「人格力」
  8. 淡路島から素敵な先生*

最近の記事

PAGE TOP