結婚記念日と、花柄ドレス。

3月21日は、結婚記念日でした。

クローゼットの9割は「花柄」が占めているほど、花柄が大好きな私。
お色直しで選んだドレスも、花柄でした。笑

人それぞれに、さまざまな披露宴エピソードがあると思います。記念日なので、わたしもそんな披露宴に関するエピソードとして、お色直しで着ていた「花柄ドレス」のことを、少し記録しておこうと思います*

主人とは、
「披露宴は、お世話になった方を もてなす場でありたい」
という意見で一致したので、彼の選んだフレンチレストランで、私の選んだブルゴーニュワインを振る舞い、参列者の方々に美味しい時間を過ごしていただけることを最優先に。

その結果、料理とドリンクにお金がかかりすぎて、予算が大オーバー。笑
なので彼はお色直しナシ、私もお色直しは超格安のドレスをチョイス。
それが冒頭の写真で着ている、花柄ドレスでした。

この花柄ドレスは、「出来る限り、ドレスのコストを抑えたい」という私の気持ちを汲み取った大切な友達が 選んでくれたもの。
値段関係なく、このドレスを見たときに「これが着たい」と即決できたほど、とても気に入ったドレスでした。
いまも写真を見るたびに、彼女との格安ドレスサロン巡りを思い出します。笑

ドレス選びもそうでしたが、結婚前も結婚後も、2人揃って周りの方々に、本当に支えてもらっているなあと、結婚記念日を迎えるたびに感じます。

まだまだ色んな方にお世話になりまくっている未熟者な夫婦ですが、今後ともお付き合いのほど 宜しくお願いいたします*

(ちなみに、今回「花柄ドレス」をブログのテーマに選んだのは、また後日アップする内容の伏線のため。笑
今月中にはアップできるように準備を進めていきます!)

関連記事

  1. 西洋磁器発祥の地、ドレスデンへ。
  2. 2016年4月のメニュー
  3. 料理人、というよりも・・・
  4. 身近な人を幸せにする料理を作る。—そもそも、「幸せ」とは?
  5. 生きていくことは、「心の匙加減」を見極める営み。
  6. 洋食器講座スタートしています
  7. 料理教室で「おうちレストラン」をコンセプトにしている理由・・・
  8. 2016年スイス・アルザス・ブルゴーニュ旅行記録(4)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

156人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP