ハンガリー初日は『交換』料理教室

ハンガリー滞在初日から、濃厚で充実した一日を過ごしてきました*

実は?今回の旅の前に、宿泊先のスタッフの方に、私自身が日本で料理教室講師をしていることを伝えた上で、「ハンガリーの家庭料理を教われる方を紹介してほしい」と相談していました。

すると、
『それなら、ここ(宿泊先のアパートメントホテル)のキッチンで、ハンガリーの方々にハンガリー料理を教えてもらって、加納さんは彼らに日本料理を教えてくれるという、「交換料理教室」を開催してみませんか?』
という、思ってもみなかった返答が!

なんて素敵な企画!と胸をときめかせながら二つ返事でオッケーして、待ちに待ったこの日を迎えました(๑˃̵ᴗ˂̵)

集まったメンバーは10名超え。
そのなかで料理を教えてくださったのはscillaさん、peterさん、lalaさん。
彼らがおばあちゃんやお母さんから受け継いだという、ハンガリーの伝統的な家庭料理を教えていただきました。

私は日中にブダペスト市内のスーパーで調達してきた食材を使って肉じゃがと豚の生姜焼きをご紹介。
(彼らからたっぷりのお料理を教わったので、生姜焼きは作り方の紹介だけに(^^;
肉じゃがはハンガリーの方にも「美味しい」と喜んでいただけました*

参加したメンバーは、日本に興味をもっている20代30代の若者たち。
みんな笑顔がチャーミングで、人懐っこくて、気遣いもできて真面目で、、、お喋りが楽しくて、ずっとずっとその場にいたいくらいでしたが、時差ボケもあり23時には睡魔にやられてしまい寝床に。。。

また皆と会いたいなあ。
一日だけなのが寂しすぎるくらい、ほんとうにほんとうに素敵な時間でした。

ハンガリーの「おふくろの味」を教えてくれた方々と、素晴らしい企画を立ててくださったayakaさんに心から感謝です。日本に帰国したら、この味を私の料理教室でご紹介します。


(ハンガリーの伝統料理、Gulyásを作っているところ。)


(お料理を教えてくれたcsillaちゃん、peterくん、lalaくん、ほんとうにありがとう*)


作り方を教わる私も撮ってもらいました。
写真ブレてますが、すごい楽しそうな顔していますね(笑)実際、終始笑いが絶えない楽しい時間でした*


(こちらはデザートのMadártejの作り方を教わっています。
キッチンが暑くて、途中で部屋着に衣装チェンジ(笑))


(uborkasalátával。
きゅうりをサワークリームとガーリック、パプリカパウダーで和えたサラダ。)


手前にあるのはチッラちゃんのお母様の故郷で作られるdödölleというお料理。レストランではなかなか食べることのない家庭料理だそうです。
サワークリームをつけて食べると絶品♡


Rakottkrumpli。
和訳するなら、じゃがいもの重ねオーブン焼き ハンガリー風、みたいな感じ?
これ本当に美味しかったです♡


(ハンガリーといえばGulyás(グヤーシュ)!
各家庭によって味わいが全然異なるそうですが、今回はペッティくん作。
野菜とパプリカパウダーをたっぷり。)


(ララくんに教わったcsirkepörkölt。
こちらもパプリカパウダーをたっぷり。
ハンガリー料理にはパプリカパウダーが欠かせないらしく、レストランでもテーブルに「塩、コショウ、パプリカパウダー」が置いてありました


デザートのMadártej。
ふわふわマシュマロのような食感


トカイワイン。
日本円で1300円くらいらしいけど、とっても美味しかったです*

***

さて今日はハンガリーひとり旅2日目。
いよいよ、恋い焦がれていた あの地へ……!!

関連記事

  1. “好き”を仕事にすることで生まれる、強力…
  2. 2016年4月のメニュー
  3. 旅の番外編?裏テーマは『シシィの軌跡』と帰国の途に*
  4. 2015年12月のメニュー
  5. 「この世で1番美味しい料理は、お母さんの作る料理だよ」
  6. 草津での第1回目のお料理教室*
  7. 《ロブマイヤー・シャンデリアとグラスの世界》出版記念特別セミナー…
  8. 料理人、というよりも・・・

最近の記事

PAGE TOP