「お料理が苦手でも、大丈夫ですか?」

 

昨日、お料理教室に参加してくれたTちゃんが、ご自身のfacebookで紹介してくださいました。
(素敵な文言まで入れていただけて・・・*ToT*)
かわいく加工してくれて、とっても嬉しかったので、ご本人の承諾を得て、このブログでも画像を掲載させていただきました*
改めてTちゃん、本当にありがとうございましたー♡

* * *

一期会のホームページを公開して一夜明けました。
ここ最近、睡眠時間を大幅に削って製作作業に没頭していたので、久しぶりに熟睡できた夜。

有難いことに、共通のお知り合いを持つ、面識のない方からのお問合せがあったり、7年前に実家で開催していたワイン会の参加者の方からご連絡があったり、なかにはホームページ製作のご依頼が来たり・・・!
嬉しいご連絡をたくさんいただけて、朝からとても幸せな気持ちになっていました(*^_^*)

そんな中、数名の方から、同じようなお問合せをいただきました。

それは、
「お料理が苦手ですが、大丈夫ですか?」
「お料理を普段全くしないのですが、大丈夫ですか?」
「お料理教室に行ったことがないのですが、大丈夫ですか?」

というご質問。

これに対する、私のすべての答えは、

「大丈夫です。むしろ、大歓迎です♪」

です*

お恥ずかしい話ですが、私自身、実家暮らしのときは全く料理をしていませんでした・・・。
初めてアサリの酒蒸しを作ったときには、砂抜きをすることを知らずに、ジャリジャリした食感に仕上がったものを父親に出す始末。汗
ですので、いまだに身内からは、

「あんなに料理をしなかったあなたが、こんなにお料理好きになるなんて」

と心底驚かれています。(^_^;)
(確かに、料理どころか、家事全般が苦手だったのに、今ではお料理大好き・家事全般が大好きな人間になっていて、自分でも、過去を振り返るたびに不思議な感覚になります。苦笑)

ごあいさつのページにも書きましたが、もともと私がお料理教室に通い始めたのは「もっとお料理が上手になりたい。」という気持ちがあったから。
ではなぜ、もっとお料理が上手になりたかったのかというと、それは、当時お付き合いしていた人に、美味しいお料理を食べさせてあげたいと思ったからです。
(今の旦那さんではありません。旦那さん、ごめんよ。^_^;)

初めて行ったお料理教室は、岡山のとあるマンションの一室で開催されている小さなイタリアン料理教室でした。

20151205a
(当時通っていたイタリアン料理教室の写真が残っていました。
これは8年前に教わったクリスマスメニュー。)

そのとき私は、リチャード・ジノリのベッキオ・ホワイト・シリーズに美しく盛り付けられたお料理を見て、思わず大興奮!
おうちで食べるご飯も、お料理や、使う食器を意識するだけでこんなにも変化するものなのだと、感動を隠し切れませんでした。

そのお料理教室に行って感じたことは、お料理教室が、単純に「お料理を教わるだけ」の教室ではなかった、ということ。

先生のご自宅のインテリアを見る楽しみ、
テーブルコーディネートに触れる楽しみ、
みんなで和気あいあいと、お料理を作る楽しみ、
そして完成後のお料理を、みんなでテーブルを囲んで味わう楽しみ。

私はプロフィールにあるように、お料理教室には数多く通いましたが、調理師専門学校に通ったことがあるわけでもなく、
ましてやレストランで働いた経験もありません。
ですので、「シェフの味」を求める方には、一期会はおすすめできません。

しかし、プロではなく素人料理人?の私だからこそ、料理が苦手な方と同じ視線に立って発信できることがあると思っています。

一期会の目標は、「シェフの味」ではなく、「おうちレストラン」を開いてご自身の大切な方々にお料理をふるまっていただくこと。

相手を想って、心を込めて作るお料理は、たとえプロの味ではなかったとしても、「おふくろの味」のような温かさと愛情があります。
ですので、お料理が苦手・・・と思われている方には、まずは、お料理が楽しいものなのだ、ということを体感していただきたいのです。

変な書き方かもしれませんが、お料理が苦手でも、「お料理教室は楽しい」と思っていただけるだけでもそれが、お料理が好きになる大きな一歩になると思っています。

一期会は最大でも4人で行う小さなお料理教室。
堅苦しさは一切ありません。
お友達のおうちに遊びにいくような感覚でお越しいただければと思っていますし、
「ポテトサラダに使うじゃがいもの種類は何がおすすめ?」
「玉ねぎのみじん切りがうまくできない・・・」
などの、ささいな質問でも、どうかお気軽にお尋ねくださいませ。

何度も書いてしまいますが、お料理が苦手な方、初心者の方、心から大歓迎です♪
お料理が好きになるきっかけ作りをお手伝いできれば、幸いです*

 

関連記事

  1. 「世の中の99%の問題は、 筋トレとプロテインで解決できる」
  2. レシピの こだわり
  3. 主客一体。良い気の循環
  4. ウイーン・プロダクツ展 マリアテレジア生誕300年へ
  5. 2016年4月のメニュー
  6. 草津での第1回目のお料理教室*
  7. 『ELLE gourmet』主催ピエール・エルメ クッキングセミ…
  8. 【参加者募集中】お灸 × 麹のコラボセミナーを開催します

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

150人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP