“ノーブル”なマインドを持つ

イタリア・フィレンチェに本拠地をかまえる《リチャード・ジノリ》は、ヨーロッパで3番目に古い歴史を持つ伝統ある名窯です。

(よく勘違いされることがあるようですが、)リチャード・ジノリは、「リチャード・ジノリさん」が創窯したわけではなく、「リチャード製陶所」と「ジノリ製陶所(ドッチア窯)」という2つの会社が合併し、今のリチャード・ジノリという会社名となっています。

私は、この2つの会社が合併する前の、ジノリ家という名門貴族が5代続けて運営していた頃の、1735年から1896年にかけての歴史が、とても好き。

なぜなら、ジノリ家という一流貴族による経営というのは、ほかの窯元には見られない、非常に貴族らしい「品のある、ノーブルな経営スタンス」だったからです。

山下史路氏の『フィレンツェ貴族からの招待状』では、「貴族社会は閉鎖的だから」と言われる中、ジノリ家(本の中ではジノーリ家)現当主であるロレンツォ氏との かなり貴重な対談エピソードが紹介されています。

『貴族』と聞くと、お金持ち、セレブリティ、豪華で華やか、というイメージを持たれがちですが、本物の貴族とは???

1400年代後半のジノリ家の先祖ピエーロは、子ども達に商売をさせるときに、《誠実で高潔であれ》と絶えず教え続けたといいます。

利益をあげるためなら、お金を得るためなら、何をしても良いというような金銭至上主義の昨今の風潮は、人々から「品性」を失わせる。

この「品性」というのは、どういうことに対して「品が良い」と感じるのかはうまく言えないが、言葉遣いや口調、マナーや雰囲気、人を見る目の優しさとか、権力、名誉、物資、金銭などへの欲望度や知性といった、人を形づくるものの総合評価ではないか

と、山下氏は述べています。

現当主・ロレンツォ氏によると、貴族は資料を持ち、歴史に非常に高い関心を抱いて暮らしているため、その辺の学者よりもずっと研究熱心で正確な知識を持っているそうです。

ジノリ(ドッチア)窯創業者であるカルロ・ジノリ侯爵も、化学に明るく、当時ほかの窯元が職人まかせだった磁器開発を、自らが宮殿内に実験室を作り、研究に時間を費やし、その結果、ヨーロッパで3番目に古い歴史を持つ窯となったとされています。

これ以上のジノリの歴史は、書き続けると莫大な文字数となってしまうので割愛しますが、いずれにしても、先祖ピエーロの《誠実で、高潔であれ》という教えは、5代続いたジノリ家指揮のもと運営されていた時代の経営スタンスに大きな影響を及ぼしており、初代だけでなく、2代目、3代目…と、父に遜色ない活躍ぶりで、土の改良を重ね、工場を増設するなど意欲的に工房を運営したり、福利厚生を充実させるなどの、職人たちにとって働きやすい環境づくりを心掛けたりするなど、フィレンツェでの磁器生産に大きく貢献していきます。

そもそもフィレンツェといえば、ルネサンス文化の中心として毛織物業で栄えていましたが、その後国を治めていたメディチ家とともに衰退の一途でした。その国の侯爵で議員も兼ねていたカルロ・ジノリが、自国の衰退を憂い、再び繁栄をもたらすには硬質磁器の生産が必要と考えたいったわけなのです。

私はジノリの歴史を通して、『貴族の一番の価値はパトロン精神である』、いわゆる『ノーブル・オブリゲーション』を感じずにはいられませんでした。

西洋磁器のブランドヒストリーをまとめた文献が少ないため、いつも磁器に関係しない分野の本も読み漁っていますが、こちらの本は、ジノリ家だけでなく、メディチ家などフィレンツェを代表する貴族の貴重な対談が載せられてあり、大変興味深く読むことができました。

リチャードジノリだけでなく、もっと広義にイタリア、フィレンツェに興味のある方には、とてもおすすめです*

関連記事

  1. 【日仏貿易×クスパ】タイアップレッスン実施中です!
  2. レシピの こだわり
  3. 久しぶりに夫婦で両親と再会
  4. ジャック・セロスの世界にようこそ。笑
  5. 着付けのお稽古と、憧れの「フォーシーズン」
  6. 2016年スイス・アルザス・ブルゴーニュ旅行記録(3)
  7. 【大切なお知らせ】2017年1月から会員制サロンになります。
  8. 祇園イタリアン「イルチプレッソ」へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

150人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP