地方在住を、「強み」にする

先日、所属している『ELLE groumet』フードクリエイター部(FCC)の親睦会に参加してきました。

その際に、とても有難いことに、少しだけ お話する機会をいただけました。
少しの時間でしたが、その時間を通して、改めてFCCのメンバーとなった1年間のことを じっくり振り返ることができました。

一年前に この懇親会に参加した時は、「地方在住であることは、料理家として不利なのでは」と思っていました。

一年経った今は、地方にいることが、むしろ「強み」だと感じられるようになってきました。

時間とお金と労力を使って 東京に行くからには、何をするべき?

「参加費以上のものを得て帰る」には、”与えられる”だけではなく、自分で考えて、自分で行動することが とても大事。

優先順位を考えること。
時間を有効利用すること。
自発的に動くこと……

仕事をしていく上で、出来ていなかったこと。
距離があるからこそ、それに気づくことができました。

行動したことが、たとえ今すぐに身を結ばなくても、長い人生の中で、きっと経験値として 何かしら生かされてくると信じています。それができて、ようやく本当の意味で、「地方在住が『強み』」と胸を張って言えるのかもしれません。

……とはいえ、まだまだ未熟者すぎて、反省することも多々。。。

今回も、思い出すだけで、はー、もう本当ごめんなさい!と思うことも ありました。

「先生」と呼ばれる仕事をしながらも、後輩になったり、学生になったり、恥をかいたり、反省したり、、、色んな立場・経験を通して、物事を多角的で柔軟な視野をもって見ることのできる女性になれるよう、少しずつ成長していきたいです*

最後に…(まだ続くんかい^^;)、下に載せている写真は、仲良くしていただいている料理家の先輩方に撮っていただいたもの。

「1枚だけで良いので、私の勇姿を写真撮っておいてくださいませ」とお願いしたところ、まるで保護者参観に参加する母親(笑)のように、先輩方がたくさん写真撮ってくださって、そのおかげで緊張がほぐれました。笑

自分の笑顔の写真を見ることで、あー、私って本当に「何かを人に伝える(アウトプットする)ことが好きなんだ」と再認識しました。

(お写真、ありがとうございました*お手間とらせてすみませんでした!)

関連記事

  1. 【コラボセミナー* 】お灸×麹で腸美人の世界へ
  2. ヘレンドの器で彩る コラボディナーレポート③
  3. 第1回 一期会「ワインの日」レポート その1
  4. ヘレンドのマスターペインターさんが来日中*
  5. 淡路島から素敵な先生*
  6. 今年最初のベランダごはん。
  7. 2018年1月2月レッスンの振り返り
  8. 今月メニューはハンガリー料理

最近の記事

PAGE TOP