「1000%一緒に行かんでよかった ひとり旅」vol.02

※昨日の内容です。ブログだとなかなかリアルタイムに更新できずにおります;

昨日の日経新聞に掲載された『私の履歴書』に、高田明さんの文章が紹介されていました。高田明さんといえば、あの「ジャパネットたかた」の高田さんです。

とても共感できる内容だったので、情報シェア。

高田明さんは、2016年に番組MCを卒業してから、自社提供番組「高田明のいいモノさんぽ」にだけは出演しておられ、その番組を通して、日本のある地域を巡り、その土地の人々や風景に触れ、埋もれていた良いものを発見し、紹介しているそうです。

ジャパネットのMCを卒業してから、彼が自分の務めだとしていることは「伝えることの大事さ」

その中の例として紹介されていたのが、三重県で400年以上続く伊賀焼の当主との会話でした。

高田さんが、
「こんなに立派な焼き物なのに、なぜ佐賀県の有田焼みたいに全国に広く知られていないのですか?」

と当主に尋ねると、

「作る職人はいたのですが、“売る”商人が少なかった」

との答えが返ってきたそうです。

多くの地域に共通していえるのは、地元にいいモノがあるのに、それを伝えきれていないもどかしさを抱いている、ということ。

「伝える力」が、今の日本には必要なのだと、高田さんは主張しています。

伝え方ひとつで、世の中に埋もれている商品が輝き出し、働く人が報われるーー。

最近、「地方創生」としきりに言われていますが、地方創生なんてしなくても、すでに地方にはいいものがたくさんあります。

しかし、「伝えなければ、ないのと同じ」
さらに、伝えたことが「伝わらなければ、ないのと同じ」、なのです。

これは物販の世界だけではなく、政治、医療、教育などのどの分野でもいえること。
「伝えたつもり」ではなく、「伝わった」で初めて、変化を起こしていけるのではないのでしょうか。

高田さんは、通販で29年、商品の良さを続けた日々で培ってきた能力で、良いモノが良いものだと「伝わる」お手伝いを、今後もしていきたいのだそうです。

このコラムで印象的だったのは、
「長年愛されてきた商品を見れば、モノがモノでなくなる」
という一文。

その言葉の意味を、わたしも長年、時間を費やして学んでいる「器の魅力」を通して、とても実感しています。

去年、洋食器を通して、日本の魅力を知りました。
けれど、その本質はまだ何にも知りません。

……ということで。

昨日は”奥様業”を終えて、その足で伊丹空港へ。
今日は学びの日。

去年、旦那さんから「1000パーセント一緒にいかんでよかった」と言われたフィールドワークの旅、第2弾です*
(ちなみに前回の旅はコチラ

今回は福岡に旦那さんをおいて、有田へひとり旅。

今回のメインは陶器市ではないため、リュックに軍手、、、ではなく、パソコンに何冊かの本。
花柄ワンピースは変わらず。笑

有田陶器市号に揺られながら、いってきまーす!

関連記事

  1. 《ロブマイヤー・シャンデリアとグラスの世界》出版記念特別セミナー…
  2. 【満席御礼】アウガルテン特別セミナーのご案内
  3. 2016年10月のレッスン内容
  4. 「強運になるには、覚悟があればいい」
  5. 大好きな先輩方からのサプライズ!
  6. 2016年スイス・アルザス・ブルゴーニュ旅行記録(2)
  7. ヘレンドの器で彩る コラボディナーレポート③
  8. 保護中: 【参加者さま限定】2016年10月メニュー詳細

最近の記事

PAGE TOP