日本人の伝統・美意識を受け継ぎながら、現代に取り入れる

「料理教室で、ちゃんとしたお作法で、お抹茶を振る舞いたい」
「外国の方にも、茶道の世界をご紹介したい」
「何より、日本人として生まれたからには、日本の伝統文化の知識、美意識を養いたい。」

そんな想いで、我が家のような“和室のない空間”でもお茶の世界を堪能できる「テーブル茶道」に入門しました。

宮澤 奈々先生のご自宅で開催される「テーブル茶道」は、裏千家教授である井口先生をお招きしてご指導いただく、正式な裏千家のお点前。

伝統をしっかりと守った上で、現代の生活にあった形で提唱される「テーブル茶道」の存在を知った時、これ以外に考えられない!と迷わず申込み、奇跡的に当選したのが、1年前でした。

先日は、初級10回終了の最終回。
奈々先生が丹精込めて作られた絶品のお料理とともに、(テーブルですが)裏千家のお茶事。

さまざまなマナーやルールがありますが、その一つ一つに意味があり、日本人の伝統や美意識を強く感じることができました。

お茶事終了後はお二階に上がらせていただき、井口教授より、裏千家 入門小習いのお免状授与式。

まだまだ冒頭に書いたような、人に振る舞えるレベルでは到底ありません。
ですので、引き続き今月から中級に通わせていただくことに。

自己満足で終わるのではなく、教わったことを「人に伝えられる」レベルになれば、毎月東京に通うことが”自己投資”として意味を成すと思っています。

それに、毎月奈々先生や井口先生、魅力溢れる同期の皆様と会えることが、どれだけ贅沢なことか…♡

今月からも、宜しくお願いいたします。

(今回の写真は、奈々先生からいただきました♡)

関連記事

  1. 保護中: 【参加者さま限定】2016年10月メニュー詳細
  2. 洋食器講座スタートしています
  3. 保護中: 【参加者さま限定】2016年6月 レッスンで使用したア…
  4. 2016年4月のメニュー
  5. エルメスのファブリックパネル
  6. 『テーブルコーディネーターの為のフラワーレッスン』@Le jar…
  7. 支出ではなく、”自己投資”
  8. 日本と西洋の美意識の違い

最近の記事

PAGE TOP