2016年3月19日(土)「ワインの日 vol.01」を開催します*

嬉しいことに、私のレッスンには「ワインが好き?」という方が比較的?多いような気がします。
(ワイン談義に盛り上がるレッスンがあったり。。。

そこで、かねてから私の夢のひとつにあった「おうちワイン会」を、「ワインの日」と称しお料理教室の特別レッスンの一環として、不定期に開催してみようと思っています。

3月は、4月に向けてお花見やピクニックで愛飲していただけそうなスパークリングワインを、今回のお料理との相性も考えてワインエキスパートの方にセレクトしていただきました。

スパークリングワインなら、抜栓用のワインオープナーいらず。
お花見などの外出時でも気軽にお愉しみいただけるかと思います*

当日は、私のお料理レッスンと、ワインエキスパートによる「スパークリングワイン」に関するワインのミニ講座、そしてお料理の試食とグラスワイン5種類(スパークリング3種、白、赤)がセットになった盛りだくさんな内容。

皆様にはワインを愉しむ余力を残していただきたいので(笑)、この日のお料理レッスンは、私のデモンストレーションとなります。
通常レッスンに参加される方はもちろん、普段お勤めされていて平日の通常レッスンに参加できない方や、お料理は苦手だけれどワインは大好き♪という方、大歓迎です!

通常レッスンとは異なる、夜のレッスン。
キャンドルの灯が、キラキラとワイングラスに反射する、ちょっぴり大人な雰囲気の「おうちレストラン」で、少し早めのお花見ワインを満喫していただければと思います*

《ワインの日 vol.1》
ワインLOVERsで愉しむ、お花見ワイン

【メニュー】

201603wine1

■チーズ風味の春野菜サラダ

新玉ねぎ、菜の花、そら豆などの春野菜を使ったサラダ。
春野菜のほろ苦さと仄かな甘みに、チーズの風味が重なり合った味わいは、スパークリングや白ワインにおすすめです。
シーザードレッシングも手作りで仕上げます。

お花見に持っていくなら、写真奥にあるように、プラスチックカップに詰めて「ジャーサラダ風」にするのも◎

201603wine2

■ワインのための”揚げない”クロケッタ3種類
・ゴルゴンゾーラとハチミツ
・ジェノベーゼ
・生ハムとオリーブ

スペイン風コロッケの「クロケッタ」。「ペシャメルソースを作る手間」や「揚げる手間」を省いた、お酒好きには有難い(笑)油不使用のヘルシーなレシピです。

揚げませんが、見た目も食感も、立派な「クロケッタ」!
ペシャメルソースは電子レンジを使って失敗なく、かつ簡単に仕上げてしまいます。

どれもワインに合わせた組み合わせ。
ワインがすすみます♪

201603wine3

■「炊飯器」でつくる、レンズ豆とスペアリブの煮込み

今回のイチオシメニュー。
火を一切使わず、「炊飯器」で作ります。

野菜を切って、材料をすべて炊飯釜に入れたら、あとの全ては炊飯器まかせ。炊飯器に任せている間に、他の作業ができるので、とっても便利なレシピです。

手間がほとんどかかっていないのに、手が込んだような味わいの一品。おもてなし料理にも是非ご活用していただきたいです*正直なところ、かなりお気に入りのレシピなので、1日限りがもったいないくらいです(^_^;)笑

201603wine4

■ワインショコラのビスコッティ

イタリアの固焼きビスケット。
ビスコッティとは「再度(ビス)焼いた(コット)」を意味するイタリア語で、イタリアはトスカーナ地方の郷土菓子です。そのまま食べるのも良いですが、そのまま食べると固いので、イタリアではコーヒーやワインに浸して食べるのが通例のようです。

先月のお料理教室に参加してくださった方から「ミンチ肉以外で、ナツメグをいつ使えばいい?」という質問を受けて、ビスコッティに使ってみたところ、なんだか、とっても良い感じに…♡砂糖を使わず、ハチミツとチョコレート、スパイスの風味を活かした、甘さ控えめ、大人のためのビスコッティに仕上げました*

ボウルひとつあれば作れる、ワインや食後のコーヒーと相性抜群の、お手軽デザートです。

【開催日時】
3月19日(土) 17:00~21:00 満席
※定員5名
※終了時間は多少前後する可能性があります。
【参加費】
おひとり7000円
(ワインのミニ講座、お料理とグラスワイン4種類(泡2種類、白、赤)込み。)
※この日のレッスンは、私が調理を行う、デモンストレーション中心のレッスンになります。

参加ご希望の方は、こちらまでお問い合わせくださいませ*

関連記事

  1. 2016年スイス・アルザス・ブルゴーニュ旅行記録(4)
  2. 参加者の方からの嬉しいコメント*
  3. 保護中: 【参加者さま限定】2016年10月メニュー詳細
  4. 主客一体。良い気の循環
  5. 2016年スイス・アルザス・ブルゴーニュ旅行記録(7)
  6. 第1回着物deお料理教室 レポート②
  7. 日々同じでも、日々違う
  8. 7月のお料理教室メニュー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

152人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP