┣ お料理教室への想い

  1. 日本人の伝統・美意識を受け継ぎながら、現代に取り入れる

    「料理教室で、ちゃんとしたお作法で、お抹茶を振る舞いたい」「外国の方にも、茶道の世界をご紹介したい」「何より、日本人として生まれたからには、日本の伝統文化の知識、美意識を養いたい。」そんな想いで、我が家のような“和室のない空間”でもお茶の世界を堪能できる「テーブル茶道」に入門しました…

  2. 大きな夢のために、すること

    ただいま、大学の1回目のレポート提出期間中。主婦をしながら、仕事をしながら、夜はレポートのための読書……昨夜も、分厚い本を読みながら 思わず「課題図書 読まないといけないー」と漏らしてしまったら、旦那さんから「"しないといけない"と思っているの?やらされている と思っているの…

  3. 地方在住を、「強み」にする

    先日、所属している『ELLE groumet』フードクリエイター部(FCC)の親睦会に参加してきました。その際に、とても有難いことに、少しだけ お話する機会をいただけました。少しの時間でしたが、その時間を通して、改めてFCCのメンバーとなった1年間のことを じっくり振り返ることができまし…

  4. わたしが、後悔していること

    今日の料理教室で、試食が終わり、生徒さん方と雑談していたときに、「後悔のない生き方」についての話題がありました。で、今日の料理教室を終えた後の洗い物の最中に、ふと、私の人生で後悔したことって何だろうと振り返っていました。学生時代、勉強を全くしなかったこと?反抗期に、親に迷惑ばかり…

  5. 主客一体。良い気の循環

    今回のテーマ「中華料理」では、6品のうち "巻き巻き"する料理が3つ。その作業は、3つのグループに分かれて、生徒さんに頑張っていただきます。 ひとつは、北京ダック風 生春巻き。ひとつは、"揚げない"ごま団子。あともうひとつは…?…

  6. 新しい齢は……

    先月、誕生日を迎えました。新しい齢は、さらに洋食器の世界を沢山の方に紹介したい。そして 私自身も勉強を続けて、洋食器に関する知識を深めていきたい。誕生日当日から2日続けて開催した、洋食器講座。2日目は、現役で活躍されている洋食器業界の方も受講生として参加してくださり、先生…

  7. 世界のビジネスエリートが身につける教養とは?

    東京ツアーの備忘録を残しておきたいのに、手がブログにまで回らず、もう少し時間の使い方をうまくなりたいと反省です・・・ひとまず、別のツアーが間もなく開催されるため、先にそのツアー企画を開催することにした想いを記録しておこうと思います。今週は、古伊万里とオールドバカラに特化した、とある美術館(わ…

  8. インプットとアウトプットの繰り返し

    東京から帰って来たら、再び料理教室*先月から今月中旬までは「エリザベート」のテーマが続きます。自分自身が学ぶことも大切ですが、それをアウトプットしていくことも大切。学びに終わりはなく、日々インプットとアウトプット。その繰り返しです。エリザベート目線、夫であるフランツ・ヨー…

  9. 本物のセレブリティとは……

    東京最終日の夜は、鬼頭郁子先生にお誘いいただき、一夜限りの特別ディナーパーティに参加してきました。主催社は、上流のセレブリティをターゲットにした雑誌『PAVONE』と、世界中から厳選されたホテルとレストランの国際組織『ルレ・エ・シャトー』、そして モナコに本部を置き、世界の社交場を通して…

  10. 生い立ちを知ること

    突然ですが。例えば、誰か異性で気になる相手ができたとき。見た目(第一印象)の影響は大きいと思います。しかし、好きになればなるほど、見た目だけでなく、なぜこの人はこんなに魅力的なの?どんな環境で育てば、こんな人になれるの?と、相手の育った環境や生い立ちまで知りた…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

153人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP