1. 一流のものに触れて、深い世界を味わう

    オープン当初から行列が絶えない銀座シックスのCafe Dior by ピエール エルメ。今日はそんな旬なカフェを贅沢に貸し切って開催された、鬼頭郁子先生によるDiorのティーパーティーにご招待いただきました。 ディオールが愛した淡い色の可憐なバラのアレンジメントには…

  2. 旅の番外編?裏テーマは『シシィの軌跡』と帰国の途に*

    (シシィの愛したゲデレー宮殿)今回の旅で、西洋磁器の窯元巡りと同じくらい楽しみだったのが、「シシィ」の愛称でお馴染みのエリザベートにゆかりのある場所に行くことでした*もともとエリザベートの夫であるフランツ・ヨーゼフ1世が、ヘレンドを贔屓にしていたことは知っていましたが、去年、初めて宝…

  3. 中欧滞在9日目『マイセン』

    ドレスデンから電車で40分ほどの場所にあるマイセン訪問は、今回の旅での大きな目的のひとつでした。(まぁここでも色々とハプニングがあり、結局1時間半くらいかかったのですが…(-_-;)ヨーロッパの洗礼浴びまくり…)(入り口には歴代のマイセンロゴが。)(博物館内は写真撮影OK…

  4. 中欧滞在8日目 『記録しておきたいドレスデンの街並み』

    本当に今回の旅は色々とハプニングがあり、ドレスデン最終日は ホテルでのダブルブッキングが発生して、急きょ別のホテルに滞在することに。でも新しく用意してもらえたホテルは、代々ザクセン王家の居城として使われていたドレスデン城のすぐ目の前という、とても良い立地の5つ星ホテル!だいぶ疲れもたまっ…

  5. 中欧旅行7日目 『番外編?誰と間違えてるの?笑』

    ベルリンからドレスデンに戻ってきたのが23時。暗いし疲れているし…でタクシーでホテルまで戻ると、入り口に人だかりが!しかも旦那さんがタクシーから降りると、なぜか無数のカメラのフラッシュの嵐と黄色い歓声。明らかに誰かと間違われてる!?…と思っていたら、案の定、明日 観戦予定のサッカ…

  6. 西洋磁器発祥の地、ドレスデンへ。

    「初めて見るのに、初めてとは思えない。。。」それがドイツ ザクセン州の州都ドレスデンの旧市街に入ったときに感じた第一印象。ドレスデンといえば、観光ガイド本では「エルベのフィレンツェ」と称されていることが多いけれど、洋食器好きな方からすると、きっとドレスデンといえば「西洋磁器発祥の地」…

  7. 中欧滞在4日目『アウガルテンとロブマイヤー訪問』

    (楽しみにしていたアウガルテン窯。残念ながら工房内はバカンス中でお休みでしたが、工房内ツアーは開催されていて参加することができました)旅の折り返し地点の4日目は、主人とウィーンで無事に合流し、今日から2人旅となりました。(諸事情で3日目の内容より先に4日目のことをアップします*)…

  8. 一人旅2日目は『ヘレンド最高責任者シモンさんとの再会』

    今回の旅での一番の目的……大阪でのヘレンド展でシモンさんにお会いしたときに、「ヘレンドに来る機会があるなら、僕が案内してあげるよ」と言ってくださったその言葉を本気にして、ここまできました。「なぜハンガリーに来たの?」と聞かれたときには「あなたに会うためです」…

  9. ハンガリー初日は『交換』料理教室

    ハンガリー滞在初日から、濃厚で充実した一日を過ごしてきました*実は?今回の旅の前に、宿泊先のスタッフの方に、私自身が日本で料理教室講師をしていることを伝えた上で、「ハンガリーの家庭料理を教われる方を紹介してほしい」と相談していました。すると、『それなら、ここ(宿泊先のアパートメン…

  10. 西洋磁器に魅せられて……

    いよいよ出国の日。今週に入ってから昨日の深夜まで(笑)、出国までに会っておきたかった大好きな人たちと会えたおかげで、緊張感満載だったひとり旅が、今はワクワクの気持ちしかありません。今回の旅の一番の目的は「西洋磁器工房を訪ねること」。なぜこんなにも、西洋磁器に魅せられているのか…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

152人の購読者に加わりましょう

最近の記事

PAGE TOP